たった1年で月収71万円を達成した資産ブログのノウハウを限定公開!>>

無料プレゼント♪

今だけ期間限定配信↓登録はこちら↓

講座ごとに課題を用意した楽しみながら受講できるメール講座をご用意♪今なら無料で「ネットビジネスの教科書をプレゼント中。

 

 

WordPress Classic Editor(クラシックエディター)インストール方法と手順

プラグイン

こんにちは、sachiyoです。

 

 

今回は「 WordPressの画面 新エディターから旧エディターに戻すためのプラグイン・Classic Editor(クラシックエディター)のインストール方法と設定方法」についてご紹介します。

 

WordPress(ワードプレス)では、2018年末に現在のグーテンベルグという執筆画面になりましたが、これが正直とても使いづらく、初心者の方がこのまま使うととかなり困惑すると思います。

 

私自身も使いづらいと思っているので、クラシックエディター(Classic Editor)というプラグインをインストールして以前の画面に戻しました。

 

今回ご紹介するプラグイン・クラシックエディターをインストールすることで、以前の使いやすい執筆画面に設定することができますので、ぜひ一緒に設定してみてください。

 

WordPress Classic Editorインストール方法と手順【動画解説】

こちらの動画では、

◎Classic Editor(クラシックエディター)のインストール方法

◎Classic Editor(クラシックエディター)の設定方法

について解説しています。

 

 

プラグイン名:Classic Editor

 

WordPress(ワードプレス)の記事作成や設定方法については、こちらの記事をご覧ください。

 

WordPress(ワードプレス) Classic Editor(クラシックエディター)

グーテンベルクのブロックエディターが使いにくい人は、旧画面に戻しましょう。

旧エディターは、プラグインを使えば簡単に設定できます。

 

 

WordPress(ワードプレス)のダッシュボード(管理画面)の左サイドバーの「プラグイン」⇒「新規追加」をクリック

 

 

 

 

右上の窓に「Classic Editor」と入力し、下記のプラグインの「今すぐインストール」ボタンをクリック。

 

 

 

 

インストール完了後、「有効化」ボタンをクリック。

 

 

これで、Classic Editor(クラシックエディター)のインストールは完了です。

 

WordPress(ワードプレス) エディターのバージョン確認方法

自分が使っているエディターのバージョンを確認するには、

 

WordPress(ワードプレス)の管理画面(ダッシュボード)の中ほどにある、「概要」で確認できます。

 

 

WordPress(ワードプレス)画面のバージョンによる確認方法は以下の通りです。

◎ワードプレス5.0以降⇒新エディター(グーテンベルク(ブロックエディター))

◎ワードプレス4.9以前⇒旧エディター

 

 

例えば上記画面であれば、WordPress 5.11となっていますので新エディター(ブロックエディター)ということです。

 

グーテンベルクは、Wordpress(ワードプレス)5.0バージョンから変更になっていますので、まずは自分のWordpressのバージョンを確認してい見てください。こちらが4.9以前であれば旧エディターの画面ですのでそのまま使ってください。

 

5.0以降を使用中で旧エディターに戻したい人は、この記事を参考にしてClassic Editor(クラシックエディター)をインストールしてみてください。

 

 

 

無料メール講座に登録してネットビジネスを学んでみる

 

プラグイン
人気ブログランキングに参加しています。応援よろしくお願いします♪

<人気ブログランキング>

にほんブログ村 にほんブログ村へ

sachiyoをフォローする
初心者のためのアドセンス!月収10万円の資産ブログの作り方